蒲郡 結婚式場「イル・マーレ蒲郡」 ここでは結婚式の全てが揃います


蒲郡 結婚式場 イル・マーレ蒲郡

蒲郡 結婚式場 イル・マーレ蒲郡
〒443-0056 愛知県蒲郡市神明町1-5 アクセスマップ
お電話でのお問い合わせ


最新ニュースやウェディングレポートなど、
イル・マーレ蒲郡のウェディングに関して
綴っていきます。

2009年02月15日

Noir et Rose(ノワール・エ・ロゼ)

豊川の「Carmine(カーマイン)」に続いて、2月10日に今度はイル・マーレ蒲郡で撮影を行ないました。
今度は、

_MG_1653.jpg

なんと「Noir et Rose(ノワール エ ロゼ)」=「黒&ピンク」なんですね。
可愛カッコイイ系のコーディネイトとして、春のシーズンに先駆けてセットアップしてみました。
ビロードの光沢を持った気持ち赤みがかった黒のテーブルクロスに春らしいピンクの花を。
それも「薄い桜色」から「紅梅」「牡丹色」「躑躅色」まで、柔らかなピンクのグラデーションに仕上げてみました。

_MG_1627.jpg

さらにこの「モンテマーレ」ならではの大きく南北両面に開け放たれた開口部からは、爽やかな春の日差しが入ってきます。南には陽光煌めく三河湾、北には遠望峰山を望むここは地上5階の最高の眺望を誇ります。「モンテマーレ」ってイタリア語で「海と山」の意味なんですよね。
100名以上のブライダルパーティでも悠々と収容してしまうモンテマーレは、可愛らしさとオーセンティックな格式を兼ね備えたバンケットホールとしてイルマーレ蒲郡のアイコンとなっています。

_MG_1636.jpg

この写真は「ティルトアオリ」という特殊なレンズムーブメントを使って撮影してみたものです。
ちょっとミニチュアみたいな不思議な世界が再現されていますが、実際に見たコーディネイトのイメージもこういうどこかふわっとした面白さが出たんじゃないかな、と思っています。

撮影の合間にふと山側の窓から外を見ると、いくつもの影が大空を舞っています。
あるものはくるくると螺旋を描きながら、あるものは空中の一点にじっと静止したまま・・・・・

_MG_1703.jpg

鳶(トビ)です。
私たちが普段見かけられる一番身近な猛禽類(ワシやタカの仲間)として、じっと見ているとなかなか味のある鳥ではあります。
英語では「kite」と表記されますが、これはご存知のように大空を舞う「凧」と全く同じ綴りです。
鳶が先なのか凧が先なのか(おそらくは鳶が先なのでは)分かりかねますが、同じ名前で表わされるに十分納得できる姿、そして行動ですよね。

_MG_1707.jpg

海と山のはざまに浮かぶ天空のバンケットホール「モンテマーレ」が見学できるイルマーレ蒲郡の詳細な情報やイベント予定については、

http://i-wedding.jp/gamagori/

をご覧ください。  


Posted by イル・マーレ蒲郡 at 12:20Comments(0)TrackBack(0)

ページトップへ