蒲郡 結婚式場「イル・マーレ蒲郡」 ここでは結婚式の全てが揃います


蒲郡 結婚式場 イル・マーレ蒲郡

蒲郡 結婚式場 イル・マーレ蒲郡
〒443-0056 愛知県蒲郡市神明町1-5 アクセスマップ
お電話でのお問い合わせ


最新ニュースやウェディングレポートなど、
イル・マーレ蒲郡のウェディングに関して
綴っていきます。

2009年12月28日

Palazzo Sasso石の宮殿:お正月を控え その2

イル・マーレ蒲郡に、新たなバンケットホールが誕生しました。

その名も「パラッツォ・サッソ」、イタリア語で「石の宮殿」という意味になります。

R0010431.jpg

もう皆さんご存知のように、イル・マーレ蒲郡は三河湾の豊かな自然の景観を生かした会場が特徴となっています。
店名の「イル・マーレ」もズバリ「海」と言う意味のイタリア語なくらいですから。

実は今回の会場名となるパラッツォ・サッソには、とあるストーリーが込められています。

今年の夏に織田裕二主演で「アマルフィ:女神の報酬」という映画が話題になったのを覚えておいででしょうが、アマルフィと言うのはイタリア南部カンパーニア州のソレント湾に面した風光明媚な海岸です。

パラッツォ・サッソという名前は、そのアマルフィコーストのラヴェッロという高台にある由緒ある5つ星ホテルから来ています。

このホテルは、かの大作曲家リヒャルト・ワグナーが恋人と逢瀬を重ねた想い出の場所だったという歴史を持っているそうです。
その遥か高みにそびえるサーモンピンクの石造りの姿は、イタリアをと言うよりもヨーロッパを代表する高級リゾートホテルなんですよね。

私たちのパラッツォ・サッソも、そのインテリアにオレンジ掛かったロザート(ピンク)の大理石が柱や壁面にふんだんに使われています。

R0010450.jpg

蒲郡の地が山と海に挟まれた、三河湾随一のリゾートであることもその共通点に挙げられるかも知れません。

R0010453.jpg

また、今回その特注のカーペットの柄にもアマルフィの海と山肌を織り込んでみました。

R0010444.jpg

会場センターを前後に貫くメインロード部分には、ラヴェッロの山肌と石の宮殿の素地の色を。

R0010439.jpg

その「山肌」から会場両側の窓に向かっては、アマルフィコーストが位置する地中海の一部「ティレニア海」の緑掛かったブルーを再現しました。
このブルーは、糸の染色試作を4回も繰り返して再現したもので、本当のソレント湾のブルーが表現できたのではないかと密かに自負しております。(^_^)

R0010448.jpg

宮殿という名に相応しい、ゴージャスな設いはテーマカラーのサーモンピンクで統一され床面のブルーと鮮やかな対比を見せるよう計算されています。


ちなみにアマルフィの海岸辺りの風景はこんな感じです。

011b.jpg>

そのアマルフィ海岸から急峻な山を登りつめたラヴェッロからの景観が、

009b.jpg

という感じです。

イル・マーレ蒲郡の5Fにあるパラッツォ・サッソからは、北側には遠望峰山の稜線が望め、

R0010432.jpg

南側には陽光煌めく三河湾がすぐ手が届くかのように眺められます。

R0010446.jpg

山塊から豊かな海に向かってなだらかに続く傾斜を、カーペットのグラデーションが準えているという訳です。


このパラッツォ・サッソは、2010年正月に先駆け既に完成しており、ご希望があればいつでもご案内が可能です。

詳しくは、イル・マーレ蒲郡の店舗サイトをご覧ください。

http://i-wedding.jp/gamagori/

また、「パラッツォ・サッソ」の名を冠したバンケットホールは、タワーヒルズ浜松にも2年前に完成しており、多くのお客様からご好評を頂いております。合わせて記憶に留めていただければ、と思います。

http://i-wedding.jp/hamamatsu/  


Posted by イル・マーレ蒲郡 at 00:40Comments(0)TrackBack(0)

ページトップへ